生まれつき・もともと薄毛でも育毛は出来る!正しい育毛仕方とは?

両親も親戚も髪の毛が薄い人いるから。。私もあきらめなくてはいけないのかな?

物心ついたときから髪が薄かった・・あまり気にしたことなかったけれど

親や友人から指摘されて自分に自信がなくなった・・

生まれつき、薄毛で悩んでいる方は実はけっこう多いんです。

でも、生まれつき薄毛だったとしても、近親者が髪の毛が薄い人がいても

生活習慣や育毛剤を使ったヘアケア

生まれつき薄毛の人の多くは、びまん性脱毛症とよばれる。

びまん性脱毛症とは?

びまん性脱毛症は、慢性的に薄毛(髪の密度が少ない状態)が続いている症状のことをいいます。

生まれつき薄毛の方に限定して言うと、ご両親や祖父母など近親者に

薄毛や禿げてしまっている方がいらっしゃるなど遺伝的・体質的な要素と

育ってきた生活環境や食生活の中で偏った部分があり、髪に必要な栄養素が上手く取れていないなど

様々な原因が考えられます。

近年は、子供のびまん性脱毛症も増えつつあり、はっきりとした原因はわかりませんが、

ファーストフードや加工食品などで食事を済ませることが多く、根菜や緑黄色野菜を食べる機会の少ない子供に多く発症すると言われています。

また、都市部では公園や外で子供が思い切り身体を動かして遊べなくなり、

家でゲームをすることが増え運動をしなくなった事と、習い事や塾などで忙しく余計なストレスを受けているという事も要因とされています。

生まれつき薄毛の人は、髪の毛の本数も少な目。

生まれつき髪が薄い人は、もともとの本数が少し少な目だと言えます。

髪の毛の本数は、毛穴の数が生まれつききまっているので、残念ながら増やせませんが、

生えている髪の毛を強く、太く、コシのある髪の毛にすることで

髪の毛を多く見せる事は可能です。

髪を強くする方法その1・サプリメントや食事で栄養を摂ろう


髪の毛は主にたんぱく質から出来ています。

なので、たんぱく質、アミノ酸は必要不可欠ですが、

髪の毛の成長や細胞分裂を助けるために必要なビタミンや大豆イソフラボン、亜鉛なども

毎日バランスよく取る必要があります。

また、毎日取り切れない分はサプリメントなどで補うのも効果的です

下記に、髪の毛のためには取った方が良いとされる栄養素や効果、それを多く含む食材
についてまとめました。

栄養素 髪・頭皮への働き 多く含む食材
大豆イソフラボン 髪が生え、伸びていくためにはかかせない女性ホルモン、エストロゲンと似た働きをする成分です。 納豆・豆腐・味噌・おから・その他大豆製品
乾燥酵母 ミネラルが多く含まれ、栄養補給、代謝機能促進、食欲増進、整腸の効能があり、髪に必要な栄養素を毛根に運んでくれる働きがあります。 ドライイースト。サプリメントとしても多数売られています。
亜鉛 髪の毛をつくるたんぱく質の合成や細胞分裂を助け、エストロゲンを含む性ホルモンの生成を助けます  

牡蠣・牛肉・レバー・卵黄などに含まれる。

ビタミンB1 細胞の活動、分裂、代謝のためのエネルギーを作る栄養素です。 さやえんどう、かぼちゃ、とうもろこし、さつまいも、ブロッコリー、豆苗など
パンテトン酸カルシウム(ビタミンB5) ビタミンB1同様、細胞の成長や代謝に不可欠な栄養素です 肉(特にレバー類)・魚介類・干ししいたけ。
葉酸 細胞分裂を日々繰り返している髪の毛に必要不可欠なビタミンの一種です。 たたみいわし、焼きのり、納豆、レバーペースト、ウナギの肝、モロヘイヤ、枝豆、ほうれん草、ブロッコリー、カボチャ、いちご、みかん、バナナ、キウイ、アボカド、ウニ、ホタテ、キノコ類と多岐に渡ります。
ケラチン 髪の毛の元となるたんぱく質 小麦やパン、穀類などに含まれている
L-シスチン ケラチンと同様、髪の毛の元となるアミノ酸

 

緑黄色野菜、肉、魚、大豆製品、炭水化物などをバランスよく食べる事が必要不可欠ですね。

薄毛にかかわらず、美容・健康にとっても大事なことですね。

髪を強くする方法その2・育毛剤の併用も効果的。

一昔前までは、育毛剤と言うと男性用のものしか販売していないイメージでしたが

最近では女性の薄毛も増えてきたということで、女性用の育毛剤も多数販売されています。

女性用の育毛剤は、男性用にくらべ自然素材から抽出した育毛成分や漢方成分が含まれているものも多く

髪の毛の成長を促すために必要不可欠な血行促進効果や、

薄毛の原因となるふけやかゆみ、炎症などの抑える成分が主に含まれており、

バランスの良い食べ物を取るのと併用して育毛剤を使用すると

髪の毛一本一本が太く、強く、しなやかになっていきます。

髪の成長には直接関係ないが、薄毛を進行させないためにはシャンプーの仕方を変える。

市販のシャンプーには、成分表を見てみると、洗浄力の強い石油から出来た合成界面活性剤が含まれており

本来なら頭皮に必要な脂分まで落としてしまったり、

洗浄成分が強すぎて頭皮がカサカサに荒れてしまう事があります。

頭皮に必要な脂分がごっそり落とされてしまうと、体質によってですが、

落とされた分余計に脂分を頭皮が分泌してしまいベタベタになって脂性肌になってしまったり

そのままカサカサ肌が続いて、フケやかゆみがでやすくなり炎症を起こしてしまい、さらに髪が薄くなってしまうおそれがあります。

週に2,3回は湯シャン(お湯だけで髪や頭を洗う)にしたり、

アミノ酸の洗浄成分を使ったオーガニックシャンプーなどに変えてみると、

頭皮や髪の質感は大分変わってきます。

また、シャンプーを流す際は必ず、しっかりとすすいでください。

すすぎ残しがあると、その部分から頭皮が荒れる事があります。

少なくても半年!薄毛を改善するには長期的に続けることが大切!

いかがでしたでしょうか?

いろいろと、生まれつき薄毛の方について髪が太く強くなるための方法を述べましたが

これらを実践してもすぐに効果が表れるわけではありません。

育毛は少なくても効果がでるまでは4~6カ月くらいの時間が必要になってくるので

「継続していくできる方法を選ぶ」ことが大事です。

今は全部をこなすのが無理でも、出来るところから一歩一歩初めていきましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ロングヘアだと薄毛・抜け毛がひどくなる?ロングで育毛に気を付けるポイント

タバコは薄毛になるって本当?!タバコの髪への影響について

白髪が生えていると薄毛にならない?白髪と薄毛の関係についてまとめてみた。

なぜストレスから薄毛・抜け毛になるの?カギは自律神経にあった!

慢性休止脱毛症って何?FAGAと何が違うの?症状や治療法、ヘアケア方法まとめ

頭がベタベタで薄毛・・これって脂漏性脱毛症?特徴や治療法・ヘアケアの仕方まとめ